カテゴリの種類と支出画面での表示について

<iOS版>

カテゴリは3種類あり、①収入②支出③特殊(振替、返済、投資)となっております。

①の収入はカテゴリ選択画面で青色のものです。(収入と給与及びその子カテゴリ、下図参照)

②の支出はカテゴリ選択一覧のなかで緑色のもので、振替と返済(及びその子カテゴリ)以外のものです。 

③は特殊カテゴリで振替と返済、投資(及びその子カテゴリ)のみです。

  

 

①のカテゴリの明細は支出画面(緑色)には現れません。
③のカテゴリは銀行間の資金移動や、クレジットカードご利用分の銀行からの引き落としなどにご利用いただくことを想定しており、収入にも支出にも反映されないようになります。また、投資についてはもともと保有していた資産の増減、ということで収支に反映させない仕様となっております。

②のみが支出画面に反映されます。①の収入カテゴリの明細は支出画面には表示されません。

なお、カテゴリには親子があり、親カテゴリの種類が子にも引き継がれます。新規に作成したカテゴリも同様です。
(例えば、「光熱費」の子に「電気」を始め「ガス」や「水道代」があります。)
新規カテゴリについても親カテゴリが支出だと、収入でも支出画面に表示されますし、収入のカテゴリ(子カテゴリも含む)は支出画面には現れません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

ログインしてコメントを残してください。